沈没予備校

恥の多い生涯を送ってきました

アスペクッキング〜パン編〜

うも、アスペです。大学生活三年目なんですけれど、やってることがパチンコスロット競馬競艇バカラポーカーシックボールーレットぐらいしかないことに危機を感じてこのままだと就活の際に趣味はなんですかと聞かれたら詰む気がしてきました。間違いなく40年後競馬場の最前列でワンカップ片手に叫んでるおっさんになってる。

 


というわけで趣味を増やすべく急遽料理でもすることにしました。これからはお料理大好きお兄さんとして生きていきます。

 


さて、料理をするといったものの自宅のキッチンはこんな感じで

f:id:cawaden:20191106055239j:image

f:id:cawaden:20191106061517j:image

炊飯器に至っては2年以上使ってないのでなんか靴下が混入していました。

 f:id:cawaden:20191106055256j:image

 

 

仕方がないのでキッチンを使わずに床と電子レンジだけで作れる天才的料理を展開していきます。

 


1.実験材料

強力粉,無塩バター,牛乳,ドライイースト,ベーキングパウダー,サランラップ,中華鍋,ゴミ袋,MacBook,電子レンジ,床(ちなみに急にパン焼きてえと思って深夜3時に15km離れた24時間営業のスーパーまで材料を買いに行った。アスペである)

 

 

2.実験方法

まずはじめに砂糖、強力粉、ドライイースト、牛乳を中華鍋にぶち込んで適当にかき混ぜた。常人はボウルに材料を入れてパティシエがよく使ってるやつでシャカシャカするが、当然そんなものはないので中華鍋と素手で代用した。

f:id:cawaden:20191106055426j:image

f:id:cawaden:20191106055543j:image

f:id:cawaden:20191106055643j:image

 

よく混ぜてそれっぽいものを作成した。

f:id:cawaden:20191106055859j:image

 

その後、それっぽいものに無塩バターを加えて再びかき混ぜ、それっぽいものをさらにそれっぽくした。

f:id:cawaden:20191106061441j:image

f:id:cawaden:20191106055957j:image

 

完成したかなりそれっぽいものにラップをして30分ほど寝かせて発酵を試みた。

f:id:cawaden:20191106060131j:image

 

30分以上経過しても一向に膨らむ気配がないので、ふと混入させたドライイースト(過去に開封済み)(なんか床に転がってたやつ)を見ると賞味期限が半年以上前だったので爆笑してしまった。

f:id:cawaden:20191106060310j:image

f:id:cawaden:20191106060420j:image

 

仕方がないのでベーキングパウダーを急遽加えて気合いで膨らませようとした。

f:id:cawaden:20191106060555j:image

 

ベーキングパウダーを加えたものを円形に広げてMacBookを使用して16等分した。MacBookや下敷き等細長い板状の物が無い場合は感覚でちぎっていくと良いと思われる。

f:id:cawaden:20191106060825j:image

f:id:cawaden:20191106060830j:image

f:id:cawaden:20191106060854j:image

f:id:cawaden:20191106060900j:image

 

この時点で嫌な予感はしていたが(かなり)、こちとら粉に液体加えて焼いたらパンが爆誕すると思っているアスペなのでなんかのバグでふっくらとした美味しいパンが焼ける希望を信じて電子レンジ(オーブン機能つき)にぶち込んだ。

f:id:cawaden:20191106061022j:image

f:id:cawaden:20191106061031j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.実験結果

焼けたわ、美味しそうなスコーンがな

f:id:cawaden:20191106061111j:image

 

4.考察と感想

なんかのバグで焼き上がったスコーン、マーマレード付けて食べたらおいしいかも〜って感じ、まあもう二度と作りません。この記事を見てパンを焼きたいと思った方は食えるドライイーストを入れたらいいと思います。

f:id:cawaden:20191106061913j:image

f:id:cawaden:20191106061930j:image

f:id:cawaden:20191106062007j:image

f:id:cawaden:20191106061944j:image

 

Fin